このページの先頭です

ブラックでも格安SIMの利用は可能?格安SIMの審査について

514views

投稿日:

格安SIMを利用するにあたって必要な審査

格安SIMは料金が安くておすすめなのですが利用するためには審査を受けなければいけません。

そもそも審査というのは一体どのようなものなのでしょうか。

その内容はさまざまであり、業者によって異なっています。基本的に審査の内容は公表されていないのですが、規約から予測することは可能です。

申し込み内容が事実なのか、年齢制限を満たしているのか、国内に在住しているのか、クレジットカードは本人のものかといった点が確認されるでしょう。

また、これまでに支払いを怠ったことがあるのかという点も重視されます。

基本的に格安SIMはクレジットカードによって支払いが行われます。そのため、この点についてもしっかりと審査を受けることになるでしょう。

申し込みの際には本人確認書類が必要となります。これをきちんと用意していなかったり、内容に不備があったりする場合には認められないでしょう。

ウェブ上でアップロードして提出するというケースもあるのですが、この場合はきちんと内容が確認できるようなファイルをアップしなければ書類不備となってしまいます。

携帯のブラックとクレジットカードのブラック

特に格安SIMの審査において重視されるのが携帯ブラックやクレジットカードのブラックの問題です。

携帯ブラックというのはこれまでに大手キャリアと契約したことがあり、そのときに支払いの未払いがあったかどうかという点です。

過去に支払いを怠ったことがあると審査で不利になるでしょう。

業者にとってはきちんと料金を支払ってくれる方を重視しています。そのため過去の支払状況をチェックされます。

そのような情報はどの業者でも簡単に調べられるようになっているため、誤魔化すことはできません。

携帯料金の支払いを何度も延滞しているような方は注意しましょう。ブラックリストに掲載されている可能性があるのです。

また、格安SIMではクレジットカードで料金を支払う関係からクレジットカードのブラックについても注目されてしまいます。

特にキャリアからスマホを購入する場合には分割払いを選択することが多いでしょう。

この際にきちんと料金を支払っていないとブラックリストに掲載されてしまうかもしれません。

信用情報機関に掲載されてしまうため、クレジットカードブラックになってしまう可能性があるのです。

もしクレジットカードでブラックになっている場合は格安SIMの契約ができない可能性があります。

また、そもそもクレジットカードを持っていないと契約できない業者が多いです。

デビットカードによって対応してもらえる可能性もあるのですが、それでも審査に通らない可能性があります。

口座振替に対応している業者も存在しているのですが、それでもブラックになっていないことは重要でしょう。

格安SIMの中にはクレジットカードがなくても契約できるサービスがあるため、そちらもチェックしてみましょう。

審査を受けるのにお金はかからないため、気になるサービスがあるならば申し込みをしてみましょう。

たとえ未払いがあったとしても審査に通る可能性はあるのです。その際には申し込み内容に不備がないようにしましょう。

本人確認書類は特に不備が生じやすいため注意してください。ちょっとしたミスで審査に落ちてしまうことがあるため、そのようなことにならないように注意しましょう。

どうしても審査に落ちてしまうという場合はプリペイドタイプの格安SIMを利用してみるという方法もあります。

こちらならば審査はなく誰でも自由に利用することができます。普通のお店で売られているものです。

プリペイドタイプのため、支払った分しか利用することはできません。基本的にデータ通信用となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です