このページの先頭です

格安SIMでテザリング機能を使う場合の気を付けたいポイント

434views

投稿日:

外出先でネットを使用する際に便利なテザリング機能ですが、近年では多くの格安SIM会社がこの便利な機能に対応しています。

ポケットWi-Fiの代わりに格安SIMを使用している人もいるでしょう。

便利な機能ですが、格安SIMで使用する場合、注意点があります。

データ容量に注意

テザリングをするときというのは、動画の視聴や重いデータなどの送受信をすることも多いでしょう。

そこで注意したいのがこの機能を利用する際の格安SIMの容量です。

格安SIMには利用可能なデータ容量が少ないことも多く、機能を使用して作業をしたり、動画を視聴したりしていると、データ容量が不足してしまい、通信できなくなったり、通信スピードが遅くなったりします。

格安SIMでテザリングをする場合には、容量の大きいプランにするといいでしょう。業者には、大容量プランといって20GBプランもあります。

テザリング機能を使用したい場合は、大容量プランのほか、使い放題プランもおすすめです。

また、端末によってこの機能が使用できない場合もあるので、確認が必要です。

回線が同系統でも端末が使用できるわけではありません。バージョンによっても使用できるケースとできないケースがあります。

Android端末ではできても、iPhoneではできない、という場合もあります。対応周波数などの確認も必要です。

テザリングに対応しているかどうかは、それぞれの格安SIM会社のホームページで確認することができます。

サイトの「動作確認端末一覧」などのページをチェックしてみましょう。

格安SIMでテザリングをして節約

この機能を利用するには、主に3つの方法があります。

一つはWi-Fiを使った方法です。Wi-Fiを利用してインターネットにつなぎます。

同時に複数の端末を接続でき、通信速度も一番速いです。

Wi-Fiテザリングは最も一般的な接続方法ですが、注意したい点があります。

それはセキュリティの問題です。

暗号化されていないWi-Fiを使うと、同じ電波を受信できる位置でネットを使用している人に情報が漏れてしまうリスクがあります。

大切な情報には十分に注意しましょう。

USBテザリングはUSBケーブルを使って接続する方法です。有線なので安定した通信環境を得ることができます。

テザリングをしながら充電できる端末もあります。

また、セキュリティ面においても安心です。Bluetoothテザリングは、Bluetoothを使ってインターネットに接続します。

通信速度は遅くなりますが、バッテリーは消費しにくいのがメリットです。

格安SIMでこの機能が利用ができれば、モバイルルーターなどを携帯する必要がなくなります。

モバイルルーターにかかる費用を節約することが可能です。

モバイルルーターを持ち歩くのはけっこう面倒なものですが、格安SIMでそれを代用できれば、荷物も軽くなります。

また、キャリアの場合、オプション料金がかかることがあります。

格安SIMでは、無料でできるプランや、低価格で利用できる点がメリットです。

格安SIMでテザリングすると節約できるというメリットがありますが、選ぶ際には次の点に注意して選ぶようにしましょう。

一つは前述したように、通信データの容量が大きいプランを選ぶことです。
契約しているプランのデータ容量が少ない場合は見直しをした方がいいでしょう。

また格安SIMの中にはWi-Fiを無料で利用できるものがあります。

Wi-Fiを利用できれば、通信データの容量が少なくても問題なく、作業をしたり、動画を視聴したりできるでしょう。

さらに、場所や時間帯にもよりますが、回線が込み合っていると、通信速度が遅くなるケースがあります。

できるだけ回線が安定している格安SIMを選ぶことをおすすめします。

格安SIMでのテザリングはメリットも多いです。端末を確認し、容量に注意しながら利用してみるのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です