このページの先頭です

格安SIMで節約はどれぐらいできる!?キャリアと格安SIMを徹底比較!

511views

投稿日:

格安SIMとキャリアの違い

格安SIMはキャリアと比べて実際のところどのくらい安くなるのでしょうか。

そのまえに格安SIMについて説明しましょう。

スマートフォンにはSIMというカードがつけられています。こちらに携帯電話番号が登録されているのです。

これがないと回線へ接続することはできません。電話やデータ通信などを利用するには必要不可欠なものです。

このSIMカードを他のスマホに差し替えれば、そのスマホで通信することが可能です。

ただし、仕様が合っている必要があります。

SIMにもいろいろな種類があります。

その中でも格安SIMというのは割安な料金で利用できるのが特徴です。

仮想移動体事業者によって提供されています。こちら独自のネットワーク体制があるため、安く通信ができるようになっているのです。

仮想移動体事業者は自前のネットワークを持っていません。大手の通信会社のネットワークを借りて利用しているのです。

そのためコストがかからず、普通のキャリアと比較して安い費用で通信が可能なのです。

そんな格安SIMには音声通話対応SIMとデータ通信専用SIMの2種類が存在しています。

ほとんど通話しないならばデータ通信専用SIMを使うと良いでしょう。

こちらならば料金を安く抑えることができるのです。中には月額500円程度で済むプランもあります。

ただし通信専用の場合は電話番号を持つことができません。そのため普通は音声通話対応SIMを選ぶことが多いでしょう。

結局、どれぐらい安くなる?

それでは具体的に格安SIMの場合はキャリアと比較してどのくらい安くなるのでしょうか。

一般的にキャリアの場合は通話定額プランに入ると月額が3000円程度かかるでしょう。

さらにデータ定額プランに加入すると毎月7000円近くの費用となります。

これだけではなくて、機種代金も毎月分割で支払うことになるでしょう。そうなると合計して1万円近くをスマホのために支払わなければいけないのです。

一方、格安SIMの場合はキャリアより多いデータのプランであっても月額基本料は1,500円程度に抑えることができます。

通話定額プランを利用しない場合は通話するごとに通話料がかさんでしまうのですが、通話しないのであれば問題ないでしょう。

そうすると単純に毎月2000円以下の費用で利用できるようになります。

キャリアと比較すれば5000円近く割安となるため、年間を通してかなりの節約ができるでしょう。

ただし、格安SIMのデメリットとしてキャリアメールを利用することができません。

そのため日常的な連絡手段としてキャリアメールを利用している方にとっては不便となるでしょう。

代わりにLINEを利用するというケースもあります。あるいはWebメールで代用する方もいるでしょう。

また、独自ドメインのメールアドレスを用意してくれる仮想移動体事業者も存在します。
そのようなメールアドレスを活用するという方法もあるでしょう。

このように格安SIMというのはキャリアと比較してかなりお得なことが分かるでしょう。
月々に5000円近くの節約ができるのです。

年間を通して約12万円もの節約ができるならば、これはとても大きいでしょう。

もちろん、キャリアと契約している場合は充実したサポート体制が用意されており、安心感があります。

しかしどうしても費用は高くなってしまうのです。

最初は格安SIMを導入するのに手間取ってしまうかもしれません。格安SIMといってもいろいろな種類があるからです。

しかし、スマホ本体についてはこれまで利用していた機種をそのまま活用することもできるのです。

キャリアから購入したスマホ本体については、機種代金を支払いきったならば、それは自分のものとなります。

それを活用して格安SIMを利用しているという方は多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です