このページの先頭です

格安SIMに乗り換えたい!乗り換えの際に必要な手順と書類について

503views

投稿日:

格安SIMに乗り換えるには

これまでのキャリアの料金に不満を抱えている方は多いです。それでは格安SIMに乗り換えるにはどのような手順が必要なのでしょうか。

まずはどの業者の格安SIMを利用するのか決めましょう。

格安SIMというのは一つではなく、いろいろな業者から販売されているのです。それぞれ特徴が異なっています。

たとえば契約違約金が0円のものもあれば、最低利用期間というものが設定されているものもあります。

違約金や手数料の額も異なっています。毎月の利用料金もいろいろなプランが用意されています。

さまざまな格安SIMを比較してみて、自分に合ったものを選びましょう。

現在すでにキャリアと契約しているならば、そちらの解約をしなければいけません。ただし、普通のキャリアでは違約金があります。

契約更新月であれば違約金がかからないという仕組みになっています。二年縛りとなっていることがほとんどです。

そのためタイミングを合わせなければいけません。

しかし、更新月までかなりの期間があるというケースもあるでしょう。この場合はどうすれば良いのでしょうか。

解約金というのは1万円程度となっています。

これから格安SIMに乗り換えるならば、毎月の料金はかなり安くなっています。そのため解約金を払ってでも早めに乗り換える価値はあるでしょう。

格安SIMのカードを入手できたとしても、それを使うための端末が必要となります。

現在持っているスマホの端末があるならば、そのカードを差し替えることによって格安SIMを利用できます。

ただし、その端末に格安SIMカードが対応しているかどうか調べておきましょう。

これから利用したいMVNOのサイトをチェックすれば、動作確認されている端末について一覧が掲載されています。

そちらをチェックしてください。SIMロックがかかっているならば、それを解除しなければいけません。

必要書類

格安SIMに申し込みをするためには必要書類がいくつかあります。それらを事前に準備しておきましょう。

まずは本人確認書類です。

運転免許証やマイナンバーカード、身体障害者手帳などがあります。基本的に写真がついているものに限ります。

写真のない場合には補助書類が必要となります。補助書類としては、住民票や公共料金の領収書などがあります。

格安SIMの料金の支払い方としてはクレジットカードであるケースが多いです。そのため自分名義のクレジットカードを用意しなければいけません。

それがないと契約できないケースがほとんどです。

ただし、中にはクレジットカードがなくても契約可能な業者も存在しています。もしクレジットカードを持っていないならば、そちらをチェックしてみましょう。

さらに必要なものとしてMNP予約番号というものがあります。

現在使っている電話番号をそのまま利用したいならば、今のキャリアに対してMNPの予約番号を発行してもらいましょう。

キャリアごとに発行方法は異なっているため、ちゃんと確認しておきましょう。予約番号がなければ、格安SIMで今の電話番号を使えません。

基本的には上記の3つの必要書類を用意しておけば、すぐに契約することができます。

ただし、業者によっては他に特別な書類が要求されることもあるため、事前に確認しておきましょう。

これらの書類というのは前もって用意しておけるものばかりです。

これから格安SIMと契約したいならば、クレジットカードを早めに契約しておくと良いでしょう。

そうすれば料金の支払いについても問題がなくなります。

クレジットカードは他の用途にも自由に使えるもののためおすすめです。

このようにして格安SIMを利用できるようになれば、料金はとてもお得になります。

今の料金に満足していない方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です