このページの先頭です

格安SIMを購入後エクスペリアを大手キャリア以外で購入する方法

465views

投稿日:

格安SIMを利用したくても、SIMフリーのエクスペリアが販売されていないため、エクスペリアを使い続けることができなくなります。

しかし中古ショップや海外版を購入することで、格安SIMにしても、エクスペリアを使うことができるのです。

その方法について紹介しましょう。

中古ショップを利用する

エクスペリアを利用している人にとって、格安SIMに乗り換えができないのは、公式サイトなどでエクスペリアを購入できないからです。

大手キャリア以外で購入する方法の一つには、中古ショップで買えばいいのです。

中古ショップといっても、未使用のものもありますので、キレイなエクスペリアを入手することも可能です。

その際にはドコモ版やau版かを確認することを忘れてはいけません。

ドコモ版のエクスペリアをau回線のUQモバイルで使用するためには、SIMロック解除をしなければなりません。

ドコモ版でドコモ回線の格安SIMであればSIMロックの解除は必要ないのです。

また、格安SIMとキャリア端末の相性によるトラブルを避けるためにも、互換性を確認することが大切です。

しっかり確認しないと、購入後、正常に動作しないなどのトラブルの可能性もあるので注意が必要です。

中古ショップには新しいものもありますが、当然古い機種もあります。あまりにも古いと最新のアプリに対応していない可能性もあります。

できれば最新機種の中古を購入した方が、対応できないなどの不安もないでしょう。購入後のトラブルを防ぐためにも、3年以内のエクスペリアをおすすめします。

中古ショップで購入するメリットの一つは、安い価格で買える点です。

しかし、相場よりかなり安いものは、それなりの理由があるものです。

「安すぎる」ということを認識するためにも、販売価格相場を必ずチェックしましょう。

グローバル版のエクスペリアを購入する

Amazonなどで、グローバル版のエクスペリアを買うという方法もあります。
月額使用料が安くなる、2年縛りがなくなる、といったメリットのほか、余計なアプリがインストールされていない点もメリットでしょう。

大手キャリアのスマホには、そのキャリアオリジナルのアプリがいろいろインストールされていることがありますが、すべてのアプリを使用するわけではなく、しかもアンインストールができません。

そのままだと、容量が無駄になるというデメリットも生じるでしょう。

また機種によってはSIMカードを2枚入れることもできます。

2枚のSIMカードを入れることができれば、異なる種類の格安SIMカードを使用できるメリットがあります。

このようにメリットのある海外版エクスペリアですが、デメリットも押さえておきましょう。

デメリットの一つは、おサイフケータイやワンセグが搭載されていないことです。

おサイフケータイやワンセグといった機能は、日本で販売されるエクスペリアにしか搭載されていないのです。

また、電話メモも海外版には搭載されていませんので、留守電などの機能をオプションでつけてもらうことになります。

海外版でよくあるのは、防水・防塵対応がされていないことです。

お風呂で使う際や雨などで濡れたときのことを考えると防水機能などはあった方が安心です。

海外版のエクスペリアには防水・防塵対応がされているので安心しましょう。

また、端末代金は分割ができませんので、一括で支払わなければなりません。7万円程度もするものなので、一括支払いは少し大変になるでしょう。

さらに故障したときも困るころがあるかもしれません。キャリアであれば、店舗に持参すれば修理をしてくれますが、Amazonなどで購入した場合はメーカーなどに依頼をすることになるでしょう。

少し手間がかかるかもしれません。しかし、格安SIM会社には故障対応のオプションを用意していることもあるので検討するといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です