このページの先頭です

格安SIMをiphoneで使うメリット・デメリット

469views

投稿日:

iphoneで格安SIMを使っている人も多いものです。

メディアでも大きく取り上げられ、スマホを安く使えるという点は魅力的です。

しかし、通信速度などがあり、デメリットも否めないとことです。iphoneで格安SIMにするメリットとデメリットを知っておきましょう。

iPhoneで格安SIMを利用するメリットとデメリットとは

格安SIMをiphoneで使うメリットといえば、何といっても月額料金が安くなることでしょう。

契約期間に縛りがないので、気軽にさまざまな会社を選び直すことも可能です。2年間はずっと使い続けなければならない、という縛りは精神的にも負担になるものです。

格安SIMは、違ったプランなどに興味を持てば簡単に変えることができます。

プランも多種多様で柔軟性があるのもメリットでしょう。

格安で提供できるのは、それなりの理由があります。

格安SIMを販売している業者が、回線をまとめて借り、データ通信量や通信速度を制限するなど、コストを削減しているからです。

そのため、デメリットも生じます。格安SIMをiphoneで使用する大きなデメリットの一つは、データ通信の制限や速度が遅くなるなど通信制限があるという点です。

無制限で通信できるケースもありますが、ほとんどは通信量の速度制限に困ってしまうことが多いようです。

また、キャリアメールやキャリア決済などのキャリアに関連するサービスが利用できないことやクレジットカードが必要となるケースが多いこともデメリットと言えるでしょう。

また、場合によってはテザリングを利用できないケースもあるので、契約の際には注意が必要です。

iphoneで格安SIMを利用する際のポイント

既にiphoneを持っていて現状のキャリアから格安SIMに乗り換えるという方、これからiPhoneを購入しそのまま格安SIMで利用したいという方の両方がいらっしゃるかと思います。

ここでは、それぞれのケースでの利用のポイントについてみていきましょう。

①既に大手3キャリアのiPhoneを使用している場合

docomo、au、softbankの3キャリアでiPhoneを使用している人が格安SIMを利用する場合、自分が現在契約しているキャリアと同じ回線を使っているMVNOを選ぶことがポイントです。

これは、大手3キャリアのiPhoneにかけられているSIMロックがあるためです。

SIMロックとは、そのiPhoneのキャリアとは別のSIMカードを使用したとき、iPhoneを使用することができないようにかけられている制限のことで、たとえばsoftbankのiPhoneにdocomoのSIMを入れても使用することができません。

このため、そのiPhoneのキャリアと違う回線を用いているMVNOに乗り換えてしまうと、SIMロック解除の工程が必要になってしまいます。

できるだけ自分が使用しているiPhoneのキャリアと同じ回線のMVNOを選ぶようにしましょう。

また、3キャリアのなかでも、同じ回線を使用しているMVNOが最も多いのがdocomoです。

OCNや楽天モバイルをはじめ、多くのMVNOがdocomoの回線を使っています。
また、テザリングを利用可能なMVNOが多いことも大きな特徴になっています。

ただ、他2キャリアに関しても、auならばmineoやUQモバイルなど、softbankならYmobileなど、それぞれのキャリアの回線を利用しているMVNOは複数ありますので、いくつかの業者を比較しながら選んでいくとよいでしょう。

当然、MVNOによってサービスの特徴や料金などが異なってきますので、よく内容を比べることが大切です。

②これからiPhoneを購入する場合

これからiPhoneを購入し、格安SIMで利用するという場合には、SIMフリーの新品のiPhoneや中古のiPhoneを購入することになります。

SIMフリーでない中古のiPhoneを選ぶ際には、どのキャリアのものを選ぶのかが大切になります。

前述の通りdocomoのiPhoneは大手3キャリアのなかで一番利用できるMVNOが多いため、中古市場では人気となっています。

iPhoneで格安SIM利用を検討しているのなら、メリットやデメリット、利用の際のポイントをしっかりと押さえておきましょう。

事前知識があるのとないのでは、契約、利用開始までのスムーズさが違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です