このページの先頭です

格安SIMライフをもっと快適に!設定で大きく変わる!格安SIMの上手な使い方

494views

投稿日:

パケットを節約する

せっかく格安SIMを使うならば、できるだけ節約をしましょう。

まずパケットを節約する方法を紹介します。パケット通信というのはさまざまな場面に関係しています。

たとえば、すぐに最新情報を開くことができるように、モバイルデータ通信は常に行われています。

スリープ時であっても、アプリがバックグラウンドの状態になっていても通信があるのです。

そこでほんの少しの通信料しかやり取りをしていなかったとしても、それが積もりに積もって制限容量に達するということはあります。

そうならないようにするためには、できるだけ節約するための設定をしておくことが大切です。

まず、モバイルデータ通信の設定をしましょう。

通信機能を基本的にオフにしておけばパケット通信は発生しません。必要なときにだけオンにしておくと良いでしょう。

また、パケット転送量の積算機能があるため、そちらを常に確認するクセをつけておきましょう。

そうすれば、現在どのくらいのパケット通信が行われているのかが分かります。

受信するデータを制限するという方法もあります。

たとえば添付画像を受信しないように設定したり、アプリを自動同期させないようにしたり、アップデート機能をオフにするといった方法があります。

このようにすれば受信データをオフにできるのです。

メールに画像やファイルが添付されているとパケット通信料はかなりの量に達してしまいます。

そのようなデータはパソコンの方で受け取るようにすれば良いでしょう。

使っているアプリが勝手にアップデートされてしまうこともあります。これもそういう設定にしておかない方が良いでしょう。

また、ウェブブラウザを選択する際にはデータ圧縮技術のあるものを利用すると良いでしょう。

そうすればデータ通信量を抑えることができます。

ブラウザによってさまざまなアプリを閲覧できるようにすることも可能です。そうすればパケット通信の節約をするのに役立つのです。

データ通信を節約する

格安SIMというのは通信の上限が少ないというデメリットがあります。

そのためユーザーの方で上手くコントロールすることが大切です。

スマートフォンには設定をすることによって余計なデータ通信を制限することが可能です。

これを上手く活用することによって、余計な通信を行わないようにすることができるでしょう。そうすれば格安SIMの恩恵をより得られるようになるのです。

データ通信を節約するための方法はいろいろとあります。

たとえば不要なときにはモバイルデータ通信を制限することができます。勝手にパケット通信させないように設定しておくのです。

ウェブブラウザの中には通信量を節約するための機能を持っているものがあります。そちらを積極的に活用しましょう。

アプリや通知機能などの自動通信についてはすべてオフにしておきましょう。

今は便利なオフラインアプリがたくさん存在しています。

できるだけオフラインの環境でも快適にスマホを利用できるようにしておくと良いでしょう。

スマホでは設定をすることで一定のパケット量に達した時点でアラートを表示させるという機能があります。

これによってパケット通信をしすぎてしまうのを防ぐことができるでしょう。

SNSを利用している方は多いでしょうが、その際には専用アプリを利用するのではなくて、ブラウザ上で操作する方がパケットを節約することができます。

このようにさまざまな工夫をすることによって、通信量を節約することができるでしょう。

せっかく格安SIMという基本料金の安いものを利用するならば、余計に通信データのやり取りをしてしまわないように注意しましょう。

そうすれば全体の料金を抑えることができます。料金を抑えながら快適にスマホを利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です