このページの先頭です

海外でスムーズに格安SIMを利用する準備と手順についての解説

488views

投稿日:

出国前に事前に準備する事

格安SIMを海外で利用したいという方は多いでしょう。

その場合は、まず現地SIMカードを入手するところから始めましょう。これは現地にある携帯電話会社のSIMカードのことです。

プリペイド式のものが売られています。

こちらをSIMフリーのスマホに差し込むことによって、そのプリペイド分の通信が利用できるようになるのです。

SIMカードというのはそこに携帯電話番号の情報や電話回線に接続するための情報などが書き込まれています。

これがないと携帯電話回線につなぐことができないため注意しましょう。

現地のSIMカードであれば、現地の携帯基地局の電波を受信してインターネットにアクセスできるようになるのです。

そこで海外へ行く前に事前に入手するべきものとしてSIMフリーのスマホが必要となります。

これを入手するためにはSIMフリーのスマホを購入するか、あるいはSIMロックがかかっている自分のスマホのロックを解除するという2つの方法があります。

SIMフリーのスマホというのは普通にお店で購入することができるでしょう。

また、現地で売られているものを買うという方法もあります。ただし、現地で入手するのはハードルが高いと感じる方もいるでしょう。

日本で入手した方が基本的に安全です。

自分のスマホのSIMロックを解除するためには、2015年5月以降に発売された機種を持っている必要があります。

さらに一定の条件を満たしている必要があります。

ロック解除するためには3000円程度の手数料が必要なケースが多いです。

公式サイトをチェックしてみて、自分の持っている機種がロック解除ができるかどうか確認してみると良いでしょう。

また、スマホというのは複数の通信方式が存在しているため、現地の通信方式と異なる場合は利用できません。この点にも注意してください。

現地SIMカードについては日本で事前に購入することが可能です。家電量販店や空港、ネットショップなどを利用すれば入手することができるでしょう。

グローバルタイプのものも売られています。ただし、国内で購入する場合は通信料が割高となってしまうため注意しましょう。

現地でする事

現地で格安SIMカードを入手することもできます。この場合は通信料金がかなり割安になっているためおすすめです。

ただし、事前にどこで購入するべきなのか調べておく必要があります。

また、言語の壁があるため、なかなかスムーズに買えない可能性もあります。不安ならば日本で入手しておいた方が無難でしょう。

SIMカードを準備できて、それをスマホにセットすることができれば、あとは簡単な設定をすることですぐに現地で使うことができるでしょう。

基本的に渡航先の料金で接続することができるため、通信料は安くなっています。

特に長期滞在するならば、コストパフォーマンスはかなり良いでしょう。通信料がかなりお得になるのです。

プリペイドタイプであれば、あとで高額請求されてしまう心配もありません。

1日あたりの通信料に制限のあるケースもあるため注意しましょう。

SIMカードを入手する際に制限について確認しておきましょう。制限を超えてしまうと通信速度が遅くなってしまいます。

また、SIMカードを差し替えると電話番号が変わってしまうため注意しましょう。

日本国内からも頻繁に電話がかかってくるという方は、事前に新しい電話番号を伝えておくべきです。

日本で使っているスマホを海外へ持って行くならば、それに現地SIMカードを差し替えることによって、LINEを利用することは可能です。

ただし、別のスマホを用意する場合には、同じLINEアカウントを利用することはできないため注意しましょう。

また、中国については通信に制限がかけられているため、基本的にSNSは使えないです。この点を注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です