このページの先頭です

通信速度が速くて安定している格安SIM会社の特徴と安定している理由

558views

投稿日:

格安SIMを利用する際の懸念事項と言えば、通信速度と安定性ではないでしょうか?

快適なネット環境は大切です。通信速度が速く、しかも安定しているとされる格安SIM会社はどこでしょうか?

その理由と合わせてお伝えしましょう。

通信速度が安定している格安SIM会社とは?

通信速度に関するデータは、さまざまなサイトで検証されていますが、中でも通信速度が速いとされている会社の一つは、Y!mobileです。

ソフトバンク回線を利用しているY!mobileは高速通信において評判がよく、料金も分かりやすいと人気です。

特に下り速度は安定しているようです。お昼もつながりやすいことが多いようです。

ランチの時間は混在しやすい時間帯です。この時間につながりやすく、速度も安定しているのは魅力でしょう。

また、UQモバイルも安定した通信回線と評判です。速度ランキングにおいてもさまざまなサイトで上位にランクインしていることでも、信頼できるでしょう。

特にお昼の時間帯はより安定した通信速度を保っています。

ただし、夕方になると他の格安SIM会社の方が総度が早いといったデータもあります。

楽天モバイルもSNSやLINEなどはもちろん、YouTubeの動画視聴も問題なくできます。

1日を通して安定しているのが魅力でしょう。

ただし、継続して大きなデータの送受信などをすると、速度が遅くなることもあるようです。

さらに、docomo回線を利用したLINEモバイルも比較的安定した通信速度を保っています。

LINEモバイルは料金が安いという点もメリットなので検討してみるといいでしょう。

DMMモバイルもY!mobileやUQモバイルほどではありませんが、ストレスなく通信ができる回線です。

中には、上りに強いというデータもあります。

格安SIM会社による通信速度の違い

格安SIM会社によって通信速度に違いが出るのは、回線帯域の太さや通信設備によるものです。

回線帯域が太ければアクセスが集中しても速度は落ちませんし、通信設備が充実していれば、データ処理能力が高いので速度が遅くなることはありません。

また、その格安SIMを使用している人数によっても速度に違いが出てきます。

ただし回線容量を多く確保したり、通信設備に費用をかけたりするとコストがかかるため、料金に加算されてしまうのです。

それぞれの会社ではそのバランスを検討しながら、プランを提供しています。

また注意したいのは、理論値です。

それぞれの格安SIM会社が、通信速度を255Mbpsなど、大きな数値を表示していますが、これは理論値で、すべての環境が整っている状態で期待できる数値のことです。

実際はすべての環境が整っていることはないので、理論値のような速度が出ることはほとんどないでしょう。

通信速度や安定性は、時間帯によっても異なります。

朝、昼、夕方とどの時間帯も安定している回線もあれば、朝が良好だったり、夕方が良好だったりすることもあります。

また、比較する際に、「上り」「下り」という言葉も出てきますが、上り速度というのは、アップロード速度のことで、メールやLINEの送信やSNSの投稿にかかる時間で、下り速度はダウンロード速度で、Webサイトの閲覧やアプリ・画像のダウンロード、動画の視聴などにかかる速度のことを指します。

通信速度が速く安定していると言われる会社を選ぶことで、ストレスなくネットができますが、料金やプランも含めて検討することが大切です。

お昼にはあまり利用しない、夕方に通信速度が速ければいい、などライフスタイルなども含めて検討するといいでしょう。

また、通信量の多い動画視聴などはあまりしないが、メールなどの送受信が多い、といった利用内容によっても、適した格安SIM会社は異なるでしょう。

また、通信速度に関してはそれぞれの口コミなども参考にしてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です