このページの先頭です

利用者数急増間違いなし!イオンモバイルの特徴と評判まとめ

310views

投稿日:

悪い部分を見つける方が難しい最高の格安SIM“イオンモバイル”

格安と聞いてすぐにイメージできる印象として、品質が悪い、サービスがいい加減、長持ちしないなどが挙げられます。しかし、確かに品質面では若干大手キャリア(au、docomo、SoftBank)に劣るものの、格安SIM独自の良い部分は非常に多いのです。

その中でも特に、イオンモバイルは他の格安SIMを凌駕する優れたサービスが満載です。当然、メリットもあればデメリットもありますが、この項目では両者について詳しく述べていきたいと思います。

イオンモバイルのメリット

イオンモバイルのメリットとして特徴的な点を挙げるとするならば下記のようになります。

  • 1GBプラン480円は業界最安値
  • 29種類のプランから自分に合ったものを選べる
  • 家族でまとめて契約するのに向いている
  • オプションが豊富
  • 最低利用期間なし、違約金もなし
  • 400店舗を超えるイオンショップで直接サービスを受けられる

イオンモバイルは最低データ通信量1GBから契約ができます。音声なしのデータ専用プランなら月額使用料480円と業界でも最安値となっており、非常にコストパフォーマンスの高い格安SIMと言えます。

また、イオンモバイルには合計29ものプランが用意されており、それぞれの価格も格安SIM業界随一の低価格設定と良心的です。MVNOの中では断トツのプラン数で、目的に合わせた利用ができるという点ではナンバーワンでしょう。

この29種類のプランの中にシェアプランというものも存在します。このシェアプランとは何かというと、1つの契約に対して最大5枚までSIMカードを保持する事ができ、契約したデータ量をSIMカードの枚数分で分け合えます。単独で一枚ずつSIMカードを申し込むより割安となっています。

また、子供にスマホを持たせる時に不安なのがセキュリティや安全面です。スマモリというアプリは有害サイトのブロックや利用状況確認、利用時間制限など遠隔操作で様々なセキュリティサービスが使える便利なツール。

ただし、月額400円という費用が発生するのが少し痛いですね。イオンではスマモリと提携し、契約から24ヶ月以内であれば、いつでも無料でスマモリを使用する事ができます。上記シェアプランやスマモリのセキュリティなど、家族揃って利用するには最適な格安SIMと言えるでしょう。

更にイオンモバイルは格安SIM初心者に優しい利点を備えています。それが最低利用期間なし、違約金なし、それと400を超える実店舗サービスです。

通常大手キャリアには2年縛りという契約があります。他社MVNOでも最低利用期間を設けている所が多く、この期間が存在しない、更に違約金も発生しないのはかなり珍しいと言えるでしょう。

また、全国に展開するイオンモールの内、約400店舗に専門のカウンターを設け、直接相談や質問を受け付けています。失敗ができる格安SIM、アフターサポートも充実という事もあり、格安SIM初心者にも非常に嬉しいポイントと言えます。

イオンモバイルのデメリット

上記のようにイオンモバイルには非常にメリットが多いという事が分かりますが、当然デメリットも存在します。

それが、通信速度の遅さです。朝と夜は平均的なスピードを出しますが、一番混み合う昼間の時間帯は他社に比べて少し遅い通信速度となっています。ただ、昼間の時間帯はどの格安SIM事業者も混み合って遅くなるので、格段に差があるというわけではありません。

しかし、少し考えてみると、下り速度が2Mbpsもあれば通常のウェブサイトぐらいならさくさく閲覧が可能です。ヘビーユーザーでない限り20や30Mbpsもの通信速度は過剰サービスと言っても過言ではありません。

独自のキャンペーンを展開するイオンモバイル

イオンモバイルは業界最安値をうたい文句に成長するMVNOですが、更に月額料金が割安になる魅力的なキャンペーンも注目に値します。

中でも、SIMカードが1円になったり、かけ放題プランが3ヶ月半額などのキャンペーンは見逃せません。ここまで価格に焦点を絞ったMVNOはイオンモバイルぐらいでしょう。バランス良い格安SIMで低価格運用を考えている方にはぴったりの選択肢です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です