このページの先頭です

月額料金を抑えたい!auの新プランVS格安SIMどっちが得?

228views

投稿日:

大手キャリアが打ち出した格安SIMへの対抗プランとは?

月々のスマートフォンの利用料金をなるべく安く抑えたいという方のニーズに応え、急速にシェアを拡大し続けているのが格安SIM(MVNO)によるサービスです。利用者の流出を食い止めるため、2017年7月14日に大手携帯キャリアのauは格安SIMに対抗するリーズナブルな利用料金が目玉の新プラン「auピタットプラン」を打ち出しました。

auの「auピタットプラン」とは?

「auピタットプラン」は通話とデータ通信の両方を兼ね備えていながらにして、月々の最低料金が1,980円~に設定されている、格安SIM並みの料金を実現したプランです。通常料金は2,980円~となっていますが、今ならビッグニュースキャンペーンが適用されているため、更にお得な1,980円となっています。

1回につき5分以内の国内通話がかけ放題となり、データ通信料は使用料に応じて変動するシステムのためスマートフォンでインターネットをあまり利用しないライトユーザーであれば現在の料金プランよりもかなり安くなる場合があります。

月額使用料が安くならない場合や様々な制約も

ただし、最低料金はデータ通信料が1GBまでの場合となっており、データ通信料の多いヘビーユーザーの場合はそれほど利用料金が安くならならない事が予想され、またAndroid機種であれば問題はありませんが、iPhoneの購入を伴う新規契約および機種変更と同時には「auピタットプラン」に加入する事ができないなど、いくつかの制約があるため注意が必要です。

格安SIMで同様のプランを契約すると月々いくらになる?

「auピタットプラン」と同様のプランを格安SIM(MVNO)で契約した場合、月々の利用料金がいくらぐらいになるのかシミュレーションしていきましょう。格安SIMには音声通話が可能なプランとデータ通信の専用プランがありますが、ここでは音声通話が可能なプランを選択します。

月間データ使用量が3GBまでの場合

ひと月あたりのデータ使用量が3GBまでの場合を比較すると「auピタットプラン」の月額使用料は3,480円(ビッグニュースキャンペーン適用時)となっています。

対して2017年7月現在格安SIMの中で最安となっているロケットモバイルの場合は月額使用料が1,400円、大手格安SIMのUQ mobileの場合でも月額使用料は1,680円となるため、auのプランと比較するとおよそ2,000円もの差があります。

月間データ使用量が10GBまでの場合

ではヘビーユーザー向けに月間データ使用量が10GBまでの場合を比較シミュレーションしてみましょう。「auピタットプラン」は5GB以上~20GBまでの月額使用料は5,480円(ビッグニュースキャンペーン適用時)となっています。

対して格安SIMで現在最安値となっているのはDTI SIMで、月額使用料は2,800円となり、大手格安SIMの楽天モバイルでも月額使用料は2,960円となっています。3GBまでの場合と比較した時と同様、ここでも2,600円以上もの差がありました。

格安SIMはこう使うのがお得!

格安SIM(MVNO)でも「auピタットプラン」同様、データ通信を使った分だけ支払えばいい従量制のプランもあります。毎月どの程度スマートフォンでデータ通信を利用しているかをチェックして、自分に合ったプランを選ぶ事が大切です。

細かくデータ通信量の段階が設定されている格安SIMとは?

毎月のデータ通信量にばらつきがある場合は、きめ細かくデータ通信量の段階が設定されているエキサイトモバイルがおすすめです。最適料金プランでは100MB~15GBまで17段階に設定されているため、まさに使った分だけ支払えばいいのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です