このページの先頭です

デュアルSIMにはどんなメリットがあるの?注意点も解説!

282views

投稿日:

格安SIMという選択肢が増えた

近頃のスマホは大手キャリアの他、格安SIMという選択肢もあります。格安SIMはMVNO仮想移動体通信事業者が提供する通信サービスで、大手キャリアより月額料金が安いというメリットがあります。キャンペーンを開催するMVNOも多いため、キャンペーン目的で乗り換える方が良く見られます。

中には5千円、1万円、2万円といったキャッシュバックキャンペーンを開催するMVNOも存在しています。格安スマホと格安SIMのセット販売を行っているMVNOが多いため、スマホを持っていない方にも便利です。

デュアルSIMって何?

そんなスマホ事情の中で近頃、注目を集めているのがデュアルSIMです。デュアルSIMとは2枚のSIMを差し込めるスマホのことをいいます。このデュアルSIMには次のような種類があります。

  • デュアルSIMシングルスタンバイ
  • デュアルSIMデュアルスタンバイ
  • デュアルSIMデュアルアクティブ

デュアルSIMシングルスタンバイの特徴は?

デュアルSIMシングルスタンバイでは2枚差しのSIMのうち、1枚使用している時はもう1枚がスタンバイとなります。自分で必要に応じて切り替えすることが必要です。

デュアルSIMデュアルスタンバイの特徴は?

デュアルSIMデュアルスタンバイでは2枚差しのうち、1枚でデータ通信している時でももう1枚で電話の着信ができます。切り替え不要ではあるものの、同時に通話とデータ通信を行うと言ったことはできません。

デュアルSIMデュアルアクティブの特徴は?

デュアルSIMデュアルアクティブでは同時に通話とデータ通信を行うことが可能です。電話が掛かってきたらデータ通信ができなくなる心配はありません。

どんなメリットがあるの?

デュアルSIMには1台のスマホを用途に応じて使い分けられるメリットがあります。格安SIMを提供するMVNOではデータ通信専用SIM、音声通話付SIMと2種類用意しています。プライベートはデータ通信専用SIM、仕事は音声通話付SIMと言った使い分けができるのです。

1枚はかけ放題のある大手キャリア、もう1枚はMVNOのデータ通信専用SIMを差して料金を節約することも可能です。MVNOのデータ通信専用SIMは月額料金が安いです。MVNOによって異なるものの、3GBプランでも1000円以下で契約できることが多くなっています。

しかしデータ通信量の上限を超えると通信制限が掛かることがあります。毎月のデータ通信量が多く、すぐに足りなくなる方でもデュアルSIMでデータ通信専用SIMの2枚差しを行うと、データ通信量を増やせるために便利です。

今まではガラケーとスマホの2台持ち、またはスマホの2台持ちといった方が良く見られます。しかしデュアルSIMなら1台のスマホで済むため、スマートに持ち歩きできるようになります。

デュアルSIMの注意点

SIMの規格には3つある

スマホのSIM規格にはnanoSIM、microSIM、標準SIMと3つあります。どのSIM規格でも同じ機能ではあるものの、大きさが異なります。このうち一番大きいのが標準SIM、その次に小さいのがmicroSIM、一番小さいのがnanoSIMとなっています。

1枚はnanoSIM、もう1枚はmicroSIMといったデュアルSIM対応のスマホが見られるため、SIM規格には注意が必要です。

目的に合ったものを選ぶことが必要

当然ではあるものの、デュアルSIMを行うには対応スマホが必要となります。前述したようにシングルスタンバイ、デュアルスタンバイ、デュアルアクティブとデュアルSIMには主に3種類あります。しかしシングルスタンバイでは同時待ち受けができないために注意が必要です。

同時待ち受けしたい方はデュアルスタンバイ、またはデュアルアクティブを選ぶことが必要です。ただし国内で購入できるスマホの場合、デュアルアクティブ対応のものはまだ少ないという注意点があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です