このページの先頭です

必要な分だけ使える!自分だけの格安SIMを選ぼう

205views

投稿日:

スマホの月額の平均料金は高い

スマホ事業に参入しているMVNOを利用すれば、従来までのキャリアのプランと比較して大幅に安い料金でスマホを使うことができます。キャリアの通信回線を利用してサービスを提供するMVNOでは、キャリアが提供しているSIMカードよりもさらに安いSIMカードを提供しています。こうしたSIMカードは格安SIMと呼ばれています。

キャリアのスマホは、キャンペーンがあったとしても消費者が希望するような料金にはなりづらい傾向にあります。実際に、2017年に発表された民間の携帯端末の調査結果では、大手のキャリアが提供しているスマホの月額の料金は消費者全体で7000円以上になっていることがわかっています。

これはキャリアが提供しているキャンペーンを含めた価格であるため、非常に高額な料金に設定されていることがわかります。反対に、格安SIMを実施しているMVNOの平均的な料金はキャンペーンを含めてわずか2000円から3000円程度になっていることもわかっているため、格安SIMは非常に利用しやすいサービスであると判断できます。

  • キャリアの料金…平均7000円から8000円
  • MVNOの料金…平均2000円から3000円

用途に応じてサービスを使い分けることが可能なメリットもありますので、MVNOの利用者が増えているのも頷けます。

スマホの使い方しだいで料金は下がる

本当にその容量は必要なのか?

スマホを利用している人の中には、スマホに搭載されている機能を全く使っていない人もいます。例えば、インターネット上からダウンロードできるアプリなどです。2017年現在の調査では、スマホを所有している日本人全体の人数は既に全国民の半数以上に達しており、携帯端末という括りで述べれば日本国民の大半が所持していると統計的な数値で出ています。

一方で、日本は少子高齢化の社会であるため、実はスマホに搭載されている機能に興味がないと考えている世代も少なくありません。難点なのは、キャリアのスマホの料金が、これらの不要なアプリ等をダウンロードすることを前提に設定されていることです。これは、アプリだけではなく動画などであっても同じです。

アプリや動画は、電話やメールとは異なって利用する上での容量がものすごく大きく、小さな容量しかサービスを利用できない人にとっては使うことが難しいサービスであるとも言えます。

一方で、これらのサービスをそもそも使おうと思っていない人にとっては、これらを使うことを前提に考えている料金設定によって、支払わなくても良いお金を支払っていることになります。こうした消費者間の温度差を解消したのが、格安SIMというサービスなのです。

最低限での容量で良い人もいる

格安SIMを積極的に利用している人の中には、そのスマホを仕事専用に利用している人もいます。当然ですが、仕事だけにスマホを使うのならばインターネットをする必要はありませんし、アプリを利用する必要もありません。こうした人々は、最低限の容量を確保できれば十分なので、1GB程度のデータを受け取ることができれば十分に満足なのです。

利用する人の目的に沿った容量をサービスとして提供しておけば、あとは消費者が自分で判断してどのプランを利用するのかを判断すれば良いだけです。実は、こうした単純なサービスの選択肢が大手のキャリアには存在しません。

ですから、用途に従ったサービスを選択できる格安SIMは非常に使いやすいわけです。MVNOでは、頻繁に料金を下げるキャンペーンや費用の還元をしてくれるキャンペーンが実施されていますので、使いやすい業者を選択すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です