このページの先頭です

格安SIMがお得って本当?!メリットやデメリットを詳しく解説

258views

投稿日:

格安SIMのメリットについて

月額料金が安くなる

大手キャリアを利用すると平均して6000~8000円程度の月額料金が掛かります。そして利用するオプションによっては月額料金が10000円を超える場合もありますが、格安SIMに乗り換えることで月額料金を2000~3000円程度に減らせます。さらに利用する機能を限定することで、月額料金を数百円程度に減らすことも可能です。

スマホ本体の販売価格が安い

大手キャリアが販売する最新機種のスマホは5~10万円程度が相場ですが、格安SIMを提供しているMVNOが販売するスマホは2~5万円程度で購入できます。値段が安いぶんスペックでは劣りますが、CGを多用する最新のゲームなどを利用しない限り使用感に大きな違いはありません。

ただし、おサイフケータイやワンセグなどの機能は日本企業の特許が使用されているため、海外製品が多い格安SIMのスマホでは利用できない場合があります。そのため、これらの機能が必要な方はスマホの購入時に機能の有無をよく確認することが大切です。

2年縛りがない

大手キャリアの料金プランは機種代金が月額料金に上乗せされるため、最新機種のスマホを割安な値段で購入できます。その代わり1度契約した料金プランを2年以上継続する必要があり、2年以内に契約を解除すると多額の違約金や未払いの機種代金を請求されます。

そのため、サービス内容に不満を感じているのに契約を解除できない方々が多く、この状況を指して自然発生的に「2年縛り」という言葉が生まれました。しかし、格安SIMが提供する料金プランには2年縛りが存在せず、縛りがある場合も期間が短くて違約金が少ないため、乗り換えを躊躇するほどの負担になりません。

料金プランが分かりやすい

大手キャリアが提供している通信サービスは、利用するサービスやオプションごとに料金プランが細かく分かれています。そのため契約内容がとても複雑で、どの料金プランを選べばいいのか分からない方が少なくありません。

しかし、格安SIMの料金プランはとても簡単なので、データ通信や音声通話、SMSなどの使用したい機能が分かっていれば、簡単に契約する料金プランを選択できます。

不要なアプリが入ってない

大手キャリアが販売するスマホの中には、そのキャリアが提供するアプリがたくさんインストールされています。そのためストレージ容量が圧迫されますが、アプリによっては不要でも削除できないので不便に感じる場合があります。

しかし、MVNOが販売している格安SIMで使用するスマホには余計なアプリがインストールされていません。そのためストレージ容量の多くをユーザーが自由に使用できます。

キャンペーンの充実度

格安SIMを提供するMVNOは、大手キャリアよりも充実したキャンペーンを展開しています。そのため、キャンペーンを利用することで新規契約の際に数万円のキャッシュバックを受けたり、最新機種のスマホを割引価格で購入することなどが可能です。

格安SIMのデメリットについて

サポート体制が不十分

大手キャリアは全国各地にサービスショップを設置しているので、店頭で料金プランの変更やトラブル時の相談などを行えます。しかし格安SIMを提供するMVNOの多くは、コスト削減のためにサービスショップを設置していません。

通信速度が不安定

MVNOは大手キャリアから通信設備の一部を借りることで格安SIMによる通信サービスを提供しています。そのため、通信サービスを利用できる通信エリアの広さなどは大手キャリアと一緒ですが、使用できる通信回線の割合が異なります。そのため、早朝や深夜などの通信利用者が増える時間帯になると、通信速度が不安定になる場合があります。

支払い方法が少ない

大手キャリアが提供する通信サービスは様々な支払い方法に対応していますが、格安SIMの場合はクレジットカードによる支払いにしか対応していない場合が少なくありません。

初期設定は自分で行う

大手キャリアのスマホは、契約後に渡された時点で開通手続きなどの初期設定が済ませてあります。しかし格安SIMのスマホ場合は、MVNOから郵送されてきたスマホを受け取った後に自分で初期設定を行う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です