このページの先頭です

徹底検証!格安SIMのメリット・デメリットまとめ

207views

投稿日:

格安SIMのメリット

料金が安い

大手携帯電話会社の月額料金は、平均して8,000円から10,000円程度です。大手携帯電話会社のシェア率が圧倒的に高いため、毎月10,000円程度支払うことに違和感を抱く人は少なく、電話をかける機会が少なかったり、全く機能を使いこなしていないにもかかわらず、高い金額を支払う人がとても多いです。

一方で格安SIMの料金は、2,000円から3,000円程度と非常にリーズナブルである点が特徴です。通信会社の電波を借りて使用している、MVNOと呼ばれる業者が主に格安SIMを取り扱っているので、電波管理などの費用がかからない分、安く料金設定を行うことができるのです。

契約に縛られない

基本的に格安SIMの多くは、契約年数が1年という会社が多いです。1年使用すれば、いつ解約やMNPをしても違約金がかからない場合が多く、契約に縛られない点も魅力的です。大手携帯電話会社は、2年契約は基本となっており2年後は自動更新となります。

そして、契約更新月と呼ばれる月以外に解約をすると高い違約金を支払う必要があります。そのため、契約に縛られない格安SIMは、2年契約に疲れてしまった人にとても人気があります。

同じ機種を長く使用できる

大手携帯電話会社の多くは、キャンペーンとして2年間限定の月額割引を設けています。そのため、最初の2年間は安く使うことができますが、2年経過すると割引がなくなり割高になる場合があります。そして、2年過ぎたら高くなるからと、機種変更やMNPをして再度キャンペーンを適用しようとする人が多く、同じ機種を2年以上使っている人は非常に少なくなっています。

格安SIMは、一度契約すれば月額料金が変動することは少ないため、金額の変化を気にすることなく同じ機種を使い続けることができます。故障したり、機種の不具合が出ることが少ないライトユーザーには、格安SIMが最適です。

格安SIMのデメリット

機種を購入するので初期費用が高い

格安SIMは、大手携帯電話会社と異なり機種の分割契約が少ないです。基本的に一括で機種購入すると思っておいた方が良いでしょう。格安SIMで取り扱っているスマートフォンは安価なアイテムが多く、大体30,000円前後と言われています。

機種代金割引などのキャンペーンを行っている場合もありますが、基本的には機種代金が最低でも30,000円は初期費用に含まれるので、少し大きな買い物をするというイメージになるかもしれません。

SIMカードだけの契約もできるので、今まで使っていたスマートフォンがSIMフリーであったり、SIMロックを解除できるタイプのものであれば、そちらを活用することで初期費用を抑えることができます。ただし、SIMフリーやSIMロック解除済みのスマートフォンでも、確実にSIMカードが正常に動作するかわからないので注意してください。

通信障害が多い

格安SIMの電波は、MVNOと呼ばれる業者が大手通信会社から電波を借りて消費者に提供しています。そのため、「運営会社はMVNOですが、使っている電波はこの携帯電話会社と同じなので、速度も問題ありません。」という説明を受けることが多いですが、実際には大手携帯電話会社と格安SIMでは通信環境に大きな差があります。

道路に例えると、大手携帯電話会社の道路は2車線で、格安SIMは1車線です。それぞれの道路で同じ量の車が渋滞すると、大手携帯電話会社の道路はスムーズに進みやすいですが、格安SIMの道路は車が止まりやすくなります。このように、多くのユーザーが利用し電波が混み合っている場合は、通信障害が多いことがデメリットに挙げられます。

電話が多いと金額が高くなる傾向がある

格安SIMの通話料は30秒あたり20円なので、固定電話や他の携帯電話会社と変わりません。大手携帯電話会社の多くは通話し放題などの通話プランが用意されていますが、格安SIMは5分の通話が無料など、時間や回数が制限されている場合が非常に多いです。そのため、普段から長電話の多い人や、電話回数が多い人は格安SIMにすると通話料が高くなってしまう可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です