このページの先頭です

安くて通信速度も速い!格安SIMでスマホの選択肢が広がった!

192views

投稿日:

なぜ格安SIMは実現できたのか

SIMフリーの時代

従来まで、スマホの取り扱いは通信事業者であるキャリアによって厳重に管理されていました。SIMカードは、携帯端末に利用することでデータ通信を可能にする非常に重要な媒体であるため、スマホを持っていたとしてもSIMがない状況だと通信サービスを利用することはできません。

SIMカードは、大手キャリアによって提供されていたものが主流だったのですが、他の会社の端末を利用することができないようにロックをかけていました。つまり、あるキャリアで提供されたSIMカードは、他の会社では使うことができなかったわけです。これが、2015年の法律改正によって変化し、各社はSIMのロックを解除しなくてはならなくなりました。

SIMフリーの時代になり、特定の大手のキャリアのみを利用していた消費者にとっては色々な選択肢ができたわけです。こうしたSIMフリーの時代になって登場したのが、消費者が自由にプランを選択できる格安SIMだったのです。そして、格安SIMを提供している業者は大手キャリアに対してMVNO、仮想移動体通信事業者という名称で呼ばれています。

格安SIMは自由度が非常に高い

格安SIMを提供するMVNOの魅力は、何と言っても自由度が非常に高いことです。

  • キャリア以外の選択肢がある
  • 海外でも使える
  • 安いプランを選べる

SIMがロックされていた時代では、特定のキャリアが提供する特定のプランしか利用できない事情がありましたが、格安SIMに移行してからは消費者の目的に沿った様々なプランを使うことができるようになりました。中でも魅力的なのが、海外で使えることや安い料金プランを選択できることです。

格安SIMになって自由なSIMの取り換えができるようになってからは、現地のSIMカードが利用可能になったので、国家間の隔たりが小さくなりました。それだけではなく、不必要な機能を省くことによって安い料金プランを設定できるようになり、キャンペーンを利用すれば月額で1000円程度のプランを実際に利用することも夢ではありません。

キャッシュバックのキャンペーンを積極的に提供するところも多く、格安SIMに関しては大手キャリアとの差別化を図るために様々なサービスが提供されています。

安くても通信は安定している

MVNOの場合は、指定したプラン以上の容量を超えてしまうと、それ以降の通信速度が著しく落ちてしまうという難点があります。ですから、自身の用途にあった容量を選択しないと、通信速度が遅い状態でサービスを利用し続けなくてはいけません。

こうした点に不安がある人は、まずキャンペーンを利用して利用容量を増量してくれるものを選び、月に自身が利用する容量がどの程度のものになるのかを把握しておくことが大切です。ただ、これは容量を超えた場合の事態であって、普通の格安SIMの通信回線に不安定さがあるわけではありません。

むしろ、安定して通信データを送受信することが可能です。これは、格安SIMが大手キャリアの通信インフラを借りて通信サービスを提供しているからに他なりません。事実、SIMフリーとなった後のスマホ業界は価格競争が激しくなっている背景があり、近年はキャリアとMVNOが提携をしてお互いにより良いサービスを提供しています。

またMVNOは、通信インフラとスマホの利用に関する説明の排除、人件費などのコスト削減を徹底的に行うことによって格安の料金プランを提供しています。そのため、キャリアと比較してアフターサービスが充実しているわけではありません。キャリアとの差別化が顕著に出ていますので、この点をしっかりと理解してどのサービスが良いのかを検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です